プロポリスの手引き

プロポリスの手引き

プロポリスを美味しく飲むには?

プロポリスは独特の味と匂いがしますが、それも良品か粗悪品かを見抜くためのバロメーターになるものです。
良品のものは苦い味がしますが後味に木々の甘さが残り、匂いもきつさの中に樹木のすがすがしい香りが残るそうです。
粗悪品はただ刺激がきつい匂いがし、味もただ苦いだけだそうです。

今では、苦味成分のヤニが取り除かれ美味しく続けて飲めるものが多数販売されているので、好みの味付けのプロポリスを選ぶことが出来ます。
それでも飲みづらい場合は純プロポリスに、はちみつを混ぜ牛乳や100%果汁ジュースを混ぜると美味しく飲めます。
特に重病でプロポリスの効果を実感したい方は、一日に5杯程度飲むと効果を期待することが出来ます。

ジュースにしても飲みづらいという人は顆粒タイプのプロポリスやサプリになったものを利用しましょう。
昔はヤニ成分が取り除かれていない苦くて飲みづらいものが多かったのですが、最近では味も開発されたものが多く販売されています。
自分好みの美味しいプロポリスを見つけやすくなりました。
プロポリスは毎日飲み続けることによって健康を維持していくことが出来ます。
途中で断念することなく飲み続けられるように自分好みの味付けにアレンジして続けて飲むようにしましょう。